創拓社出版ってどんな会社?

バナー

創拓社出版は言葉に関する本をたくさん出しています


創拓社出版は言葉を大切にしています。
社名の通り、創拓社出版は様々な書籍を発行しており、
その中には言語に関するものが多数含まれています。
学校の勉強のこと、日本語、外国語、ことわざなど、
色々な書籍を出版しています。

特に日本語を学ぶ系の書籍がおすすめです。
日本語は思った以上に複雑な言語で、
私たち日本人ですら完璧な日本語を扱えるとは限りません。
助詞助動詞の使い方もかなり複雑で、
てにをはを正確に使える方は少数だと思います。
正しい句読点の位置も難しく、
これを正確に使える方はとても珍しいと思います。
また、単調な日本語は文章としても読みづらいです。
語尾で「ます」「です」しか使わない文章は、
日本語力が乏しいと言わざるを得ません。
体言止め、用言止めなどを適宜つかうことで、
文章に抑揚を持たせることが出来ます。

また、その国の一般常識に合わせた学び方も重要です。
日本語の特徴として、主語や述語の位置がデタラメでも、
相手に意図が通じることがあります。
テレビ放送とかだと、その人が主語を省いて喋っても、
分かりやすいようにカッコで記載することが多いです。
口語だと主語を省くことは当たり前で、
それを丁寧に付けて喋ると、
逆に相手に意図が伝わらなくなるかもしれません。

しかし、外国人にはこの機微が分からないかもしれません。
主語と述語を入れ替えるだけで、
全く逆の意味になることは珍しくありません。
そうした外国人の文化、
教育環境に合わせて日本語を覚えるための本を
創拓社出版は作成しているのです。
日本人では気付かず、
外国人に覚えにくいポイントもこの創拓社出版の本さえあれば、
しっかりと日本語を覚えることが出来ます。

また、漢字も外国人を悩ませている要因です。
日本の漢字はとにかく種類が豊富で、しかも音読み、
訓読みがあり、覚えることはたくさんあります。
アルファベット26文字を組み立てて覚える文化圏の人たちには、
漢字はかなりの強敵として映っていると思います。
そうした方のために創拓社出版は専用のテキストを作成しています。
言葉を大切にしているからこそ、
創拓社出版は色々な本を出版しているのです。